吉日楽校「星空楽科 星空案内人の宇宙教室」&「かき氷と、真夏の野外ポートレート撮影会」|<公式>人生100年を考えようLAB|野村不動産・関電不動産開発

人生100年を考えようLAB

100LABORATORY
100LABORATORY

「次はどんな教室?」と、地域のみなさんに楽しみにしていただいている「吉日楽校」。
開校以来、日常がもっと面白くなったり、新しい交流が生まれるようなプログラムに取り組んでいます。今回のレポートでは、8月28日に開催した「宇宙教室」と9月1日の「野外ポートレート撮影会」の様子をお伝えします。

火星が大接近したこの夏、「吉日楽校」の原っぱで行われた「星空楽科 星空案内人の宇宙教室」。案内人の谷明洋さんは、日本科学未来館でも活躍されていた科学コミュニケーターで、宇宙の専門的な話をわかりやすく教えてくれる達人です。

ちょっとくもり空でのスタートでしたが、あたりが暗くなる頃には雲が切れてきて、南東の空にひときわ明るい火星が現れました。
天体望遠鏡で眺めると、うっすらと赤みを帯びた姿がレンズの中に浮かび上がります。谷さんの説明を聞きながら、かわるがわる望遠鏡を覗き込み、表面の模様などをみんなで観測しました。

夜空を見た後は、バーチャル宇宙旅行。パソコンのソフトを使い、太陽系から銀河、さらに宇宙の“果て”まで、谷さんの案内で星めぐりの旅に出発! 海があるといわれている星では、子どもたちに「泳いでみたい?」。真夏の宵には氷の星もどこか涼しげに見えます。夏休みらしく、宇宙が身近に感じられる楽しいツアーになりました。

残暑きびしい9月のはじめには、家族やお友達と涼をとりながら素敵な思い出づくりを、とSTUDIO Nowhereを迎えて、「かき氷と、真夏の野外ポートレート撮影会」を開催しました。
街から街へと移動しながら、どこでも撮影スタジオにして人々の自然な表情を撮影しているSTUDIO Nowhere。「吉日楽校」の森の中にも、さっそく緑に囲まれた野外スタジオが出現! 撮影を担当するのは、バーニーズニューヨーク横浜店にある「&ima-写真を愉しむ家」で人気のフォトグラファー、村田佳さんです。「手をつないで」「ジャンプしよう!」。村田さんの呼びかけに、子どもたちも遊んでいるときのようにいきいきとした表情に。

写真のプリントを待つ間には、かき氷屋さん「GO! GO! KakiGori by holiday!」の屋台で、マンゴーやベリーなど特製フルーツシロップたっぷりのかき氷を食べながら、友達とおしゃべりしたり、木陰で涼んだり。クローズの時間まで来校される方が途切れず、多くのみなさんに参加いただきました。
野外でのポートレート撮影という、ふだんとは少し違う体験を通して、ご自分やご家族の新しい魅力も発見いただけたのではないでしょうか。

「吉日楽校」では、スポーツやアウトドアなど、今後も楽しく学んだり、いろいろな方と交流できるプログラムをご用意して、みなさんをお待ちしております。
当ホームページやFacebookページにイベント情報をUPしていきますので、ぜひお気軽にご参加ください。